新光堂 ロイヤルアッシャー正規販売店

OUR DIAMOND “ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの輝き”

BRILLIANCE 白く上品で透明感のある輝き

ロイヤル・アッシャーのエンゲージリング
ロイヤル・アッシャーのエンゲージリング

1854年、ダイヤモンドをカット、研磨する会社として、アムステルダムで創業したロイヤル・アッシャー社は、今日に至るまで、白く上品な輝きを放ち、透明感のあるダイヤモンドを生み出し続けています。そんなロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドにまつわる楽しいストーリーや魅力をご紹介しましょう。

CULLINAN 世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」

皆さんは世界で一番大きいダイヤモンド原石をご存知でしょうか?
その名は「カリナン」、世界的にも有名なこのダイヤモンド原石のカットを英国国王から命じられたのがアッシャー社(現在のロイヤル・アッシャー社)なのです。
*ダイヤモンド原石:カット・研磨する前の状態、石の塊のこと。

1905年、南アフリカの鉱山で発見された「カリナン」は3.106ct(約621g)、大人の握りこぶし大ほどの大きさもさることながら、Dカラー、フローレス、タイプⅡAという最高品質を誇るものでした。 1907年、英国国王エドワードⅦ世は、66歳の誕生日プレゼントとして献上されたこの世界一貴重なダイヤモンド原石のカットを、当時既に、当代きってのダイヤモンドカッターとして名を轟かせていた、オランダ・アムステルダムのアッシャー兄弟に命じたのです。

さて、ロンドンからアムステルダムに運ばれることになったカリナンはどのように運搬されたのでしょう。英国海軍が運搬船を護衛するという噂が流れましたが、実際はアブラハム・アッシャーが、コートのポケットに入れたままアムステルダムの本社まで運んだのでした。

その後、カリナンは9個の大きなダイヤモンドと96個の小さなダイヤモンドに研磨され、 9個の大きなダイヤモンドは英国王室の至宝として今でも大切に保管されています。

「カリナン」のカットに代表される偉業を成し遂げたロイヤル・アッシャー社の長年の功績と信頼に対して、1980年、2011年の二度にわたり、オランダ王室から、「ロイヤル」の称号を授与されました。

世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」
世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」
2番目に大きなカリナンⅡ世がセットされた
                                大英帝国王冠
2番目に大きなカリナンⅡ世がセットされた
大英帝国王冠
1980年、オランダ王室より授与された
                                「ロイヤル」の称号
1980年、オランダ王室より授与された
「ロイヤル」の称号

OUR MILESTONES AS
A DIAMOND CUTTER
ダイヤモンドカッターとしての軌跡

アッシャー・カット/ASSCHER CUT
世界初の特許取得ダイヤモンド

「1902年に開発された、58面体のアッシャー・カットリング」
「1902年に開発された、58面体のアッシャー・カットリング」

皆さんは、ダイヤモンドにも特許があることをご存知でしょうか?
世界で初めて特許を取得したダイヤモンドが「アッシャー・カット」なんです。

ロイヤル・アッシャー社は、ダイヤモンドのスペシャリストとして、現在でも世界中で流通しているメジャーなカットを開発してきました。その先駆けが「アッシャー・カット」です。

1902年、ジョセフ・アッシャーは、58面体のスクエアカット、「アッシャー・カット」の開発に成功しました。そして、アッシャー社は、世界で初めて、このダイヤモンドの特許を取得します。

アッシャー社は、開発当初こそ特許を保有していましたが、ダイヤモンド業界の発展を考え、スタンダードカットとして人気が高かった「アッシャー・カット」の特許更新を見送ったのでした。その結果、ダイヤモンドカッターなら誰でもこの魅力的なカットを生み出せるようになり、現在でも、世界の名門ジュエラーによって広く世に送り出されています。

TOLSTRAAT 127
AMSTERDAM
世界的なダイヤモンドの生産拠点

20世紀初頭、現在のロイヤル・アッシャーの本社ビルには、ダイヤモンドをカット、研磨を行うための工場が併設され、一時は、500名を超すダイヤモンド職人が、働いていました。当時、この建物の中では、世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」をはじめ、いくつもの象徴的なダイヤモンドが、カット、研磨されています。

ロイヤル・アッシャー本社が位置する、トールストラート127番地は、ダイヤモンド生産拠点の代名詞となっていました。そしてこの地域一帯は、Diamantbuurt(ダイヤモンド地区)と呼ばれ、通りの名には、Diamantstraat(ダイヤモンド通り)など宝石にまつわる名が付けられました。

ロイヤル・アッシャー本社の周辺に建てられた、ダイヤモンド職人が住んでいた美しいコテージは、“ダイヤモンド・ハウス”と呼ばれていました。このエリアのメインタワーは現在もロイヤル・アッシャーの本社として使われています。

ロイヤル・アッシャー本社とダイヤモンド・ハウス
ロイヤル・アッシャー本社とダイヤモンド・ハウス
ロイヤル・アッシャー本社前のディアマントストラートの標識
ロイヤル・アッシャー本社前のディアマントストラートの標識
アムステルダムの街並みと運河
アムステルダムの街並みと運河

4 ELEMENTS OF ROYAL ASSCHER DIAMOND ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド4つのこだわり

BRILLIANCE/白く高貴な輝き

ブリリアンス/ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの最大の特徴は「白く上品な輝き」を放つこと。私たちは1854年の創業以来、ヨーロッパで伝統的に好まれてきたこの輝きを追い求めてきました。
白く上品で透明感のある輝きは、純白のウエディングシーンはもちろん、日常使いにおいてもよりいっそうあなたの魅力を際立たせます。

SYMMETRY/対称性

ロイヤル・アッシャーは、ダイヤモンドの各ファセットの形、大きさ、角度が、対称に向き合っている「対称性」を重要視しています。シンメトリーに優れたダイヤモンドは、取り込んだ光を内部で均等に反射させ、余すことなく上品で美しい輝きを生み出すことが出来るのです。

POLISH/ポリッシュ

ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは、ダイヤモンドの表面がまるで鏡のように滑らかになるように仕上げられています。研磨の最終段階において、他社では真似のできない特別な技術をもって磨き上げることで表面の乱反射を防ぎ、ダイヤモンドが取り込んだ光を余すことなく放つことができます。

ROUGH MATERIAL/良質な原石

ロイヤル・アッシャーに使用されるダイヤモンド原石は、透明性が高い、結晶にゆがみがない、正八面体であることなど、非常に厳しい条件のもと選定されています。
ダイヤモンドの持つ輝きを最大限導き出すためには、研磨の技術以上に素材の良さを見極める技術が必要なのです。

ROYAL ASSCHER
BRILLIANT CUT
オリジナルカット
「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」

2013年エドワード・アッシャー、マイク・アッシャー親子は、74面体からなる新たな「ラウンドブリリアントカット」の研究を始めました。2015年、「伝統的で完成されたスタンダードな美しい輝き」を誇る58面体のラウンドブリリアントカットに、16面のファセットを加え74面体とすることで、「深遠でありながら強い輝き」を誇る「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」の開発に成功しました。
58面体と74面体、どちらも素晴らしい輝きを放つダイヤモンドですので、店頭でその輝きの違いをぜひご覧になってみて下さい。

74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット リング
74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット リング
58面体のラウンドブリリアント 58面体のラウンドブリリアント
58面体のラウンドブリリアント
74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット 58面体のラウンドブリリアント
74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット
58面体に16面体が加わった74面体の
                                ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット 58面体のラウンドブリリアント
58面体に16面体が加わった74面体の
ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット
74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット リング
74面体のロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット リング

ROYAL ASSCHER CUT オリジナルカット「ロイヤル・アッシャー・カット」

74面体のロイヤル・アッシャー・カット リング
74面体のロイヤル・アッシャー・カット リング
74面体のロイヤル・アッシャー・カット リング
74面体のロイヤル・アッシャー・カット リング

ロイヤル・アッシャー社では、「ラウンドブリリアントカット」や「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」のラウンドのダイヤモンドとは違い、シャープなスクエアフォルムが特徴の、「ロイヤル・アッシャー・カット」もご用意しています。

「ロイヤル・アッシャー・カット」は、ラウンドブリリアントカットとは違うステップカット。合計74面体のファセットから導き出される強い輝きと精緻な光の美しさが特徴です。

CERTIFICATE ロイヤル・アッシャー社の保証書

ロイヤル・アッシャー社の保証書

ロイヤル・アッシャー社は、すべての商品に対して
CERTIFICATE(保証書)を発行しています。また、ダイヤモンドは、外部の鑑定機関にて、ファーストグレーディングを行い、その後、自社グレーディングを行います。「自社によるグレーディングは、外部鑑定機関の結果と同等または厳しいものとする」というものです。外部の鑑定機関により、客観性を持たせ、さらに自社で厳格に見ることにより、自社の責任で品質を保証しています。

オランダ本社は、長年にわたり変わらずに、世界共通の、CERTIFICATE(保証書)を発行することにより、お客様に安心して、ロイヤル・アッシャーの商品をご購入いただいているのです。

PHILOSOPHY 歴史を受け継ぐ者の誇り

現在、姉リタ・アッシャーと共に、ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド・カンパニーの共同代表を務める6世代目のマイク・アッシャーは、ダイヤモンドの調達、生産、新しいダイヤモンドカットの開発という重要な役割を担っています。
原石のテクニカルパートを全て習得し、宝石鑑定士(G.G.)の資格を有するダイヤモンドのスペシャリストであるマイクは、「ダイヤモンドは人生そのもの。何よりも美しい原石から、高品質でデザイン性の高いダイヤモンドを生み出し続け、日本のお客様をはじめ、ロイヤル・アッシャーの高品質ダイヤモンドを心から求める全世界の方々へお届けすることが使命」と語ります。マイクの想いは、そのまま、アッシャーファミリーが、6世代にわたり継承し続けてきたダイヤモンドの輝きへの情熱そのものなのです。

左から、リタ、エドワード、マイク
左から、リタ、エドワード、マイク

ROYAL ASSCHER
‐ ENGAGEMENT RING ‐
ロイヤル・アッシャー エンゲージリング

  • era251 era251
    ERA251 ¥228,800〜
  • era680 era680
    ERA680 ¥281,600〜
  • era688 era688
    ERA688 ¥281,600〜
  • era260 era260
    ERA260 ¥228,800〜
  • era814 era814
    ERA814 ¥281,600〜
  • era815 era815
    ERA815 ¥281,600〜

STORE INFORMATION 店舗情報

山形県山形市、天童市、宮城県名取市 婚約指輪〈エンゲージリング〉結婚指輪〈マリッジリング〉ROYAL ASSCHER〈ロイヤル・アッシャー〉正規販売店。
オランダ王室より二度、「ロイヤル」の称号を授けられた名門ダイヤモンドジュエラーである「ロイヤル・アッシャー」。
1854年の創業以来、6世代に亘り「ダイヤモンドの輝き」に情熱を捧げてきたアッシャー・ファミリーが監修するダイヤモンドは、白く高貴な輝きを放ちます。

SHINKODO Premier 山形店
QRコードからアクセスいただけます。

SHINKODO Premier 山形店

【店舗情報】
〒990-0810 山形県山形市馬見ヶ崎4丁目8-3
TEL: 023-665-1401
【営業時間】
10:30~19:00
定休日:毎月第3木曜日
HP: https://bridal.j-shinkodo.jp/shinkodo-premier/
新光堂本店
QRコードからアクセスいただけます。

新光堂 本店

【店舗情報】
〒994-0049 山形県天童市南町1-1-15
TEL: 023-654-5626
【営業時間】
10:00~19:00
定休日:毎月第2水曜日
HP: https://bridal.j-shinkodo.jp/honten/
WEDYイオンモール名取店
QRコードからアクセスいただけます。

WEDY イオンモール名取店

【店舗情報】
〒981-1294 宮城県名取市杜せきのした五丁目3-1
TEL: 022-399-7914
【営業時間】
10:00~21:00
休業日:イオンに準ずる
HP: https://www.sendai-bridalring.com/natori-shop/